外壁塗装に耐用年数の長いフッ素塗料

外壁の塗り替えのタイミングは、新築から何年後なのか?
これは新築にとき使用した塗料の種類によります

外壁塗装に使う塗料の種類は大きく4種類
「アクリル」「ウレタン」「シリコン」「フッ素」
このなかで、フッ素塗料が一番耐用年数が長く
一般的にフッ素は15年から20年といわれています

住宅を塗るなら一般的な相場や費用はいくら?
工務店に連絡をしても見積もり書は適正価格?

訪問業者に外壁の事を言われて不安な気持ちになった
不安を抱えている人にサーチの紹介です




これが『リフォーム無料一括見積もりサーチ』
必須入力は電話番号と延べ床面積のみ


最も普及しているのは「フッ素」ではなく
「ウレタン」「シリコン」です
「フッ素」が一番価格が高いです
用意できる費用と家の外装の傷み具合で塗料を選びます

どの種類の塗料を使うのか?
工務店が見積もりするわけです
ここで言いなりになるのは不安ですね

例えば「フッ素」の塗料でもグレードが存在します
「フッ素」の単価と品質が変わってくる
単価の違いが分かっても「フッ素」品質の違いを判断する
「フッ素」何がどう違う?素人には全くわからないです

フッ素塗料のカタログを見ても化学の分子の解説か?
こんな専門用語の羅列だから難しい
工務店には理解できても消費者には理解できない

一つだけ消費者がフッ素塗料の品質を判断できる
つまりはフッ素の耐用年数を見抜く手段があるのです
それはJISの耐候性試験によって得た指標を見るんです

機械的に塗膜にダメージを与え続けて劣化の時間を測る試験
この試験結果により「対候型1種」などの表示があります
「対候型1種」なら2000時間以上耐えている
最高ランクに位置づけられています

ぜひ対候型1種かどうか?
いちどフッ素をチェックしてみてください


外壁塗装に使うフッ素の費用

自宅の外装を塗るとき業者から見積もりを取りましょう
ただ、外壁塗装の見積もりを取るときに注意すること
できるだけ多くの業者から相見積もりをすることです
これで相場をある程度理解できます

複数の業者でなければ見積もりが妥当な金額なのか?
素人では全くわからない

費用がいくらまでなら出してもいいのかも考えてください

まずは塗料について知識を入れておきましょう
フッ素以外にもどのような種類があるのか?
何年くらいで再び塗ることになるのか?
塗らなかったらどうなるのか?
このようなことを知れば見積もりの見方が変わります

フッ素塗料の量はどうなのか?
スケジュールは妥当なのか?

客観的にチェックしてください

外壁塗装を無料で一括見積もりするならこちら



念入りに塗れば時間もかかりますし量も増えます
自分の家にはどのような塗料が適しているのか?
塗料によって家の雰囲気が変わりますよね

カラーも大事です
明るい色にするのか?暗い色をメインにするのか?
あなたの好みで決めましょう

事前情報をインターネットで調べてみましょう
使用する道具の単価を知っておけば安心です

その量で費用が計算できます
家の形によって量は変わるのです

足場は2階建てよりも3階建ての方が多く必要です
飛散防止ネットも同じです
塗料の費用は種類で変わります
アクリル系塗料は平米当たり1,000円
ウレタンになると2,000円
シリコンだと3,000円
フッ素系塗料は4,000円
自分でどれくらいになるのか?
外壁塗装にフッ素も計算してみるといいでしょう


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »