外壁塗装種類

外装塗装の種類の解説

家の壁が劣化してきたら、外装を塗りましょう。
見積もりを業者に依頼するときに、塗料の種類をチェックです。
塗料の種類によって見積もり金額が大きく変わるのです。
どのような塗料の種類があるか?紹介しましょう。
大まかには、4種類です。
アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料です。
それぞれ耐用年数が種類により違います。

フッ素塗料が一番耐用年数は長いですが、見積もり金額は高くなります。
もちろん、家の構造や大きさによっても見積もりは変わるでしょう。
4種類に分けられる塗料でも、業者によって細かい部分が違います。
したがって、同じ面積を塗るでも見積もり金額が変わってくるのです。
外装は、1回だけ塗るわけではありません。
下塗り、上塗りと最低でも2回、多い場合は3回塗ることもあります。

業者を選ぶとき、単純に見積もり金額だけで選んではダメです。
塗る内容や種類が変われば、見積もり金額は変わるのです。
内容を細かくチェックしておくことが重要なポイントとなります。
ひどい場合は、安く上げるために手抜きをする業者もいるからです。
業者選びは、価格だけで決められません。

外装を長く持たせたい、安く上げたい、どちらの考えも正しい。
その目的に合わせて、業者を選べばいいのです。
コストパフォーマンスを考えると、ウレタンが一番おすすめ。
どのような違いがあるか?しっかりと種類を確認しておきましょう。





家の種類と外装塗装をするならこの塗料

家を建てとき、あまり考えていない外装を塗ること。
それでも、10年経過すれば再び塗ることを考えなければいけません。
そのときに初めていろいろな種類の塗料があることを知るのです。
家の壁の種類によって適している塗料も変わります。
一番ポピュラーなウレタン塗料は、壁の材質を問いません。

塗る面によって、塗料の種類を変えなければなりません。
外壁、屋根、木部、鉄部によって種類が違うのです。
もちろん、業者なら誰でもわかっていることです。

一般の人は、外装を塗るなど聞いたこともないでしょう。
家を建てるとき、いろいろと検討して決めたことでしょう。
初めて外装を塗るのもじっくりと検討してください。
決して安い買い物ではありません。

見積もりは、インターネットで簡単に取ることができます。
見積もりを見れば、どのような仕事をするのかわかります。
自分が考えているとうりであれば、問題ありません。
しかし、適当な見積もりになっているかもしれません。
業者によって外壁の考え方が違います。
推奨する種類や方法も違うのです。

正確な見積もりは、家の図面を見なければわかりません。
多めの概算で見積もりを出してしまう業者も少なくないのです。
そのような業者は後で極端に下げてきます。
それを値下げと見せるのです。
当てにならない見積もりは信用できません。
そのことがわからない営業マンなのでしょう。
家を建てるときに、10年後のことまで考えている人もいます。
そんな人は、高くても長持ちするフッ素塗料を選ぶのです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。