外壁塗装の色選びにおける一般的な知識と注意点

始めて外壁塗装をする人のために
色を選ぶときに見落としがちな注意点
基本的な知識をまとめました

白、黒は汚れが目立ちやすい

非常にキレイに見える白や黒
実は汚れが目立ちやすいといわれています
家の外壁塗装にはあまり向いていません

住宅の外壁は経年劣化とともに確実に汚れがついてしまう
とにかく汚れは目立ちにくい色にするほうがいいです

ガルバリウム鋼板などの窯業系サイディングボード
金属系のサイディングボードは漆黒のイメージがあります
それでもキズやちょっとした汚れ
これが全部白く際立ってしまうのです
近づいてみると汚れが目立つ傾向があります

黒すぎると重圧感があるともいわれます
こうなると住む家には向いていない
こう考える人もいるようです

赤、青など原色系は経年劣化で古びて見える

真っ赤、真っ青などの原色系の色について
ある程度の時期が過ぎると経年劣化で色が薄くなっていく
このことを考慮する必要があります

色が薄くなっていくと家が古びた感じに見えてしまう
建物は古くなっていくと、どんな色にしても古く見える
これが原色系にすると、その傾向が顕著に表れます

周りの景観にも配慮する必要がある

色にしても個性が重んじられる時代でもあります
周りの家がクリーム系、暖色系なのに自分の家だけが大きく違う
これだけで景観が損なわれてしまうかもしれません

個を主張するのは目立たないところだけにしておく
基本的には多くの家の中の一つ
色も街の構成要素の一つである事を認識すること
これが後のトラブルを回避することができます

外壁塗装を無料で一括見積もりするならこちら




絶対に失敗しない色選びのコツ

色選びは周辺の地域を見回して決めていくのが一番安心です
具体的に何色にするかは外壁塗装屋さんに頼むことになります

見積もりを比較して良い業者さんを見つけ出す
これができたら家に合ったものを塗ってもらいましょう

落ち着いたのを選ぶようにする

派手、奇抜、個性的な色を選びたい
こんな人もいらっしゃるかもしれません
基本的に家は落ち着いた色にしておいた方が無難です
周りの風景に溶け込むことが大切で悪目立ちしません

家が目立って良いときは始めて来る人がわかりやすいぐらいです
そのときも良い印象を与えるわけにはいけません

色を選ぶ最初の段階では周囲の自然より目立たない
自然を引き立たせることを意識するようにしましょう
例えば、道路沿いにある木々よりも緑の家
完全に景観を崩してしまうことになりますね
人より変わった色を選びたい
こんな場合でも、自然より目立たない色にしましょう

次に親しみやすい抑えめの鮮やかさを意識しましょう
例えば、威圧感を与えてしまうような真っ黒な家
誰にでもプレッシャーを与えてしまいます
もちろんそれは住む人に対しても同じです

色鮮やかさに関しては出来るだけ押さえた色を選びましょう
近所の家を回ってみて親しみやすいの感覚でかまいません

もう一つは、塗った後も何年もその家に住むことを考える
長い間の汚れが目立ちにくい色を選ぶようにしましょう
どんな塗装をしたところで経年劣化は避けられません

白や黒は非常に汚れが目立ちやすいです

窓枠、サッシ部分、玄関ドア、手摺(てすり)
外壁塗装をしない場所との調和も考えておく必要があります

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »