外壁塗装費用相場サーチの塗料種類別

我が家を建てたばかりなら外装について別に心配する必要はないでしょう
これから住宅の外壁を塗りたい
こんな人には塗装別や種類別について紹介したいです

外壁塗装には種類別として4タイプ別があります
1.アクリル
2.ウレタン
3.シリコン
4.フッ素

1⇒4になるにつれて強度の高い塗料の種類別となっています
アクリルが一番弱く⇒フッ素が一番強いということになります
アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素の種類別
さらにこの中で水性と油性と種類別に分けられます

油性は水性よりも強いですが欠点としてニオイがある

アクリルは学校の美術の時間に使っていた絵の具の素材ですね
アクリル絵の具は水性の絵の具を使うと!
油絵までは難しいですが厚みのある絵が描けるんですよね

外壁塗料として使用されるアクリルは絵の具と全く同じものではありません
ただ、美術に詳しい人だとアクリル絵の具を連想してしまいますね

新築で建てた家は最初はほとんどがこのアクリル塗料で外璧を塗るそうです
なぜかというと新築の壁に最初からシリコンやフッ素の種類別では難しい
強度の強い種類別のものを塗っても外璧に馴染みにくい
最初は強度の弱い種類別のアクリルを使用するらしいです


問題は、10年20年経った外璧ですよね

外璧を塗るのは家の外観をキレイにしたい
こんな目的の人がほとんどでしょう
他には見た目だけでなく別に防水効果を高めることができます

外壁を塗ることによって家自体を長持ちさせる
塗料にはこんな役割も果たしてくれる機能があるんですね
家にとっては後者の役割の方が重要だったりします

外壁塗装工事は一般的な相場で一軒家なら約100万といわれています
安い買い物ではないのでどうせなら塗料の種類別にもこだわりたいところです

残念なことに関東近辺で行われている外璧を塗る工事の塗料の種類別として
アクリルタイプの種類別が多く出回っているそうなんですね
せっかく高いお金を払ったにも関わらず
3年くらいでまた外璧がボロボロになってしまう
こんな残念なことになってしまうことが多いようです

外壁を塗る業者には悪徳業者も多いみたいですから注意ですね



外壁塗装工事をお願いするとどうなるんでしょう?

あくまでも余談ですが、外壁を塗って完成したもの
これをプロが見ても良し悪しの種類別がわからない
つまり粗悪な塗料で塗られたのは?
上質な塗料で塗られたものなのか?
こんなことはプロでもわからないそうなんです

塗っている外壁作業を見ないことにはプロでもわからない
どんな塗料の種類別でも塗る工事をするとキレイに仕上がって見えます
こんな外壁の話を聞いてみるとちょっと怖くなりますよね

近所で外壁を塗る工事を目にするかもしれません
塗ったばかりなのに雨が降った後に窓の下から黒い汚れた筋が出てきた
こんな外壁を見つけると警戒してしまいますよね

家の外壁を塗る工事をする場合は別に注意です
塗料の種類別や素材の種類別にも注目してみましょう
あらかじめ希望を伝えるのも一つの手かなと思います


少しでも皆様の参考になれば嬉しいです

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »