外壁塗装をDIY補修する方法とDIY事故を避ける注意点

外壁塗装リフォーム工事で建物を長く使用する
とても重要な工事であるのは疑いありません
専門業者に頼むと高い料金が発生してしまいます

「壁に塗料を塗るだけ」
誰でもできるというイメージもあるのでしょう

「DIYでも十分に補修できてしまうのではないか?」
こう考えてしまうのも仕方ないですね

専門的な知識を持たない素人がDIYを行う
犬小屋を作ったり、ベンチを作ったり
マイホームとなると全く違います
DIYは非常に危険な作業となります


建物となると安全性を確保しながらのDIY作業が必要となる
塗料とは別に仮設足場費用などがかかることでしょう
結果としてDIYでもある程度のお金がかかります

それでもDIYを行いたい
こんな人の為に、DIYの方法・手順
命を危険にさらさない注意点を踏まえて解説します

安易なDIYは絶対に行わないようにしてください
命の危険があります

必須入力は電話番号と延べ床面積のみ




DIYに関する基本的な知識

DIYとは「DO It Yourself」の略です
意味は「自分でする」です

イメージしやすいのは日曜大工でしょう
ベンチや犬小屋作りがよく知られています
プロにお願いせずに自分で行う作業の全般をDIYと呼びます

ホームセンターに行けば外壁塗装の塗料や工具が売られている
自信がある人はDIYで家の外壁を自分で塗ってしまおう
こう考える人も多いのかもしれません

実際、DIYで外壁塗装を済ませる事ができれば安上がりです
専門業者に頼む「人件費」「中間マージン」を節約できる
DIYなら非常に安上がりです

DIYと専門業者に頼んだときのメリットとデメリット
簡単にまとめておきました


DIY専門業者
メリット楽しい(人による)
費用の節約になる(ローコスト)
小さな補修に対応出来る
人に家をいじられずに済む
知らない人が敷地に出入りしない
手間がほとんどない
工事期間が非常に短い
安全性が高い
仕上がりが均一で美しい
デメリット 非常に手間と時間がかかる
ケガ・死亡する可能性がある
間違った塗装をする可能性がある
近隣とのトラブルの可能性がある
筋肉痛・ケガ等で日常生活に影響
仕上がりはムラが多くなる
小さな補修には向かない
費用がそれなりにかかる
業者の見定めが重要
知らない人が敷地に入る


DIYはまず圧倒的にローコストで施工できます
チャレンジするほとんど全員が節約目的でDIYをします

専門業者に頼むまでもない小さな補修
足場など専門の工具を必要としない塗装はDIYで済ませてしまう

家全体を塗りかえるような大規模な外壁塗装工事は大変です
足場をレンタル、組立から塗装終了し片付けまで~
作業が終わるまで非常に長い期間を必要とします

日中、仕事をしながらであれば、三ヶ月以上はかかるでしょう
当然、足場はレンタルなので料金が毎日発生します
目安として、30坪で200㎡なら一ヶ月3万円ほど
塗料の臭いが長期間するので近隣とのトラブルもあるかもしれません

普段から作業を行っていない人は不慮の事故が発生するかもしれません
足場からの落下などでケガをする可能性があるので注意です
とにかく事故にだけには合わないように注意する必要があります
しっかりと知識を身につけてから作業をするようにしましょう

| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »